そんなに怖くないIT業界

中身を知れば逆に身近に感じるかも?

出向で働くということ

名古屋でSEの仕事を探してみると、やはり栄区などの中心地になるようです。
そして意外なのが、近隣の県から名古屋まで通勤している人も多いということです。
通勤時間だけでもかなりかかってしまいそうに思うのですが、やはりIT関連の企業や、社内SEを雇用するような企業は大きな都市に集中するようです。
また出向での常駐といった働き方も多いのが特徴かもしれません。
常駐という働き方は、ここ近年で随分増えてきたように思います。
教育や研修などは済ませて、出向先での常駐勤務というのは派遣で働くのと似ていると思います。

派遣ではないけれど、派遣のように働く、というのは今ではIT関連では当たり前のようです。
ですから正規雇用であっても、出向先によって勤務時間などが変わってきます。
出向で働くというのは、短期間であればさほど苦にはなりませんが、長期間になると少し疲弊してしまうこともあるかと思います。
SEはある程度責任を持ちながらでないと業務を進めるのが難しいことがありますが、出向先では閲覧が可能なファイルに規制があったり、周りが全てお客様であるという状況はストレスになるかもしれません。

職場の環境が気になるようであれば、自社で相談すると良いかもしれません。やはり職場環境の受け止め方は個人差がありますので、それぞれに合った環境で出来るだけ長期間の勤務に繋がる方が良いからです。
無理はあまり続けない方が、精神的にも肉体的にも良いと思います。
もちろん通勤時間や距離も大切なポイントです。

短期間であれば問題ないように思えても、毎日のこと、長期間になると違ってくるものですから、あまり頑張りすぎないように、無理なく仕事が出来るように考えなくてはいけません。
話は変わりますが、初心者からでも始められる簡単な職種もあります。IT業界でも人員不足とされているプログラマです。プログラマの中でもJavaは、未経験でも可能な求人が多いくらいなのです。SEを続けるのも良いですが、他の職種に目を向けてみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*